無保険車傷害保険からの救済とは?

無保険車傷害保険からの救済について

現在は毎年のように新車が発売され、道路は車であふれていますが、すべての車の中で自動車保険(任意保険)に加入している車の割合は70%程度に過ぎず、街中を走っている車の10台の内3台は任意保険に加入していないことになります。

 

もし、そのような車が起こした交通事故に巻き込まれたら、損害額が十分に補償されない危険性があります。

 

「無保険車(任意保険に加入していない車)」による事故の場合、相手から確実に受け取れる金額は強制的に加入が義務付けられている自賠責保険の上限金額までです。

 

しかしながら、任意保険の中に無保険車による事故に備えた保険があり、それが「無保険車傷害保険」です。無保険車との事故で死亡したり、後遺障害が残ったりした際に、相手が任意保険に加入していないことで補償を受けられない場合、自分が加入している無保険車傷害保険から保険金が支給されます。

 

さらに、対人賠償保険に加入していない車による事故だけではなく、対人賠償保険に加入していても、適用条件を満たしていないために保険が下りない場合や、相手の対人賠償保険の保険金額だけでは損害額がカバーできない場合、またはひき逃げなどで加害者が分からないために賠償金自体を取れない場合、などでも補償を受けることができます。

 

しかも、記名被保険者や被保険者の配偶者、及び被保険者の同居親族、別居の未婚の子供の場合は、無保険車傷害保険に加入している車に搭乗している時のみならず、被保険車以外の車に乗っていたり、歩行中であったりした時の事故でも補償の対象になります。

 

ただし、無保険車傷害保険はあくまでも身体に受けた損害を補償するものなので、無保険車に壊された車や家など、物に対する損害には保険金が下りません。

 

無保険車傷害保険から支給される保険金の額は契約している対人賠償保険と同じ金額になります。なお、対人賠償保険の保険金額が無制限の場合は2億円が上限です。

 

また、人身傷害保険に加入している場合は人身傷害保険から優先的に支給され、人身傷害保険で不足する分を無保険車傷害保険で補うことになります。

 

ただし、無保険車傷害保険で補償が得られるのは適正な運転をしていた場合であるため、酒を飲んでいたり、重過失があったりすると保険金を受け取れないこともあります。

 

ところで、無保険車傷害保険は非常に有用な保険だからといって新たに加入する必要はなく、対人賠償保険に加入すると自動的に付帯されてきます。実際に、任意保険の見積書をとると、どの保険にも備考欄に無保険車傷害保険の特約が記載されています。

 

なので、カードローンで例えるならば、おまとめローンのような感じです。おまとめローンは新たにおまとめローンで申込するよりも、今借りているローンのところに、一本化申込する人が多いです。例えが少々分かりずらいかもしれませんが(笑)


page top